顎の骨も溶かす歯周病

ホームへ戻る > 顎の骨も溶かす歯周病

歯医者の選び方
歯医者と出血
歯医者と歯根嚢胞
東京の歯医者の口コミ
神奈川の歯医者の口コミ

歯周ポケット固い食べ物をあまり好まなくなったため、歯周病にかかる患者さんは年々増えているそうです。噛む回数を増やすことは、歯や歯茎を丈夫にするだけではなく、体に必要な栄養素を十分に吸収しやすくなります。固い食べ物を食べることは歯のまわりの汚れも一緒に落とす自浄作用もあり、歯周病予防に効果があるため銀座にある歯科クリニックではよく噛む習慣をつけましょうと勧めています。歯は人それぞれに歯並びが違い、平らに見えるところでも細かな凹凸がありますので、食べカスの溜まりやすい箇所を把握することも大切だと思います。歯周病は地球上で一番感染者の多い感染症としてギネスにも認定されています。40代~50代に多く見られる歯周病ですが、最近は歯周ポケットに発症するA・a菌やP・g菌に感染する患者さんが多いそうです。

銀座にある歯科クリニックには20代で歯茎が腫れたり、血がでたりと歯周病の症状で来院される患者さんが増えてきていて、A・a菌やP・g菌の場合はブラッシングでの予防が難しく、進行も早いようです。感染していると歯はきれいに見えてもレントゲンでは顎の骨が溶けている場合もありますので、早期治療が必要です。銀座にある歯科クリニックでは“キスでも感染する伝染病”として早期発見や抗菌治療を勧めています。