歯医者と出血

ホームへ戻る >  顎の骨も溶かす歯周病  > 歯医者と出血

歯医者と出血虫歯などの治療をする時に、ひどい症状になってくると抜歯をせざるを得なくなってしまうこともあります。抜歯をする時には、出血を伴います。出血ですが、しばらく時間が経過すれば、止まってくるはずです。しかし中には、抜歯をして30分以上経過しても、なかなか出血が収まらないと言ったようなケースがあります。なぜ出血が止まらないのかですが、いくつかの要因が考えられます。


通常抜歯をした後には、歯医者から患部の所にガーゼを当てられて、しっかりと噛むように指導されるはずです。しかし中には、ガーゼをしっかりと噛んでいない患者もいるようです。


きちんとガーゼを噛んで止血をしていないと、出血が止まらなくなってしまう可能性があります。また治療をした後に、うがいを頻繁にしてしまうとか、舌先や指を使って患部を触ると出血が止まらなくなってしまう可能性があります。血餅というのが止血してくれるのですが、これが剥がれてしまうからです。

場合によっては、歯医者の治療ミスの可能性もあります。例えば、静脈をうっかり傷つけてしまった場合には、出血がなかなか止まらない可能性もあります。また抜歯をしたものの、肉芽組織とも言われていますが、患部に付随する不良組織をきちんと取りきれていないと、出血が止まらなくなってしまう可能性があります。いずれにしても、出血が止まらなくなってしまうのは、決して好ましいことではないので、歯医者にどうすればいいのか相談をしましょう。