歯医者と歯根嚢胞

ホームへ戻る >  顎の骨も溶かす歯周病  > 歯医者と歯根嚢胞

歯医者と歯根嚢胞歯根嚢胞とは、歯の根っこの部分にできた嚢胞のことを指します。嚢胞とは、体の中で作られた液体内容物を含んだ袋状のもののことを指します。歯根嚢胞ですが、歯の中にある神経もしくは血管が細菌感染などによって、壊死してしまった歯や歯医者で治療をした時に歯髄を抜き取った歯で起こると言われています。歯髄が走行している所を根管と呼びますが、この根管の内部で、細菌感染が起きると、あごの骨の中に膿がたまってしまいます。この膿が大きくなってしまうと、あごの骨を溶かしてしまうこともありますので、注意が必要な症状と言うことができます。


歯根嚢胞を抱えている患者に対して、歯医者で歯治療を実施します。まずは単純明快に、歯根嚢胞を取り除いてしまう治療法を採用するケースがあります。歯茎を切開して、あごの骨を削ります。そして歯根嚢胞を露出させて、取り除いていきます。そして最終的には切開した歯茎を縫合して、除去する治療法になります。

他には、歯根嚢胞の一部を切り取ることで、内容物を出して、取り除く方法を取る歯医者もいます。歯根嚢胞の一部を切って、膿を出してしまいます。そして一部だけを縫合して、傷口が開いた状態のままにします。このようにすると、傷口が治る中で、歯根嚢胞の周辺に新しい骨が再生していきます。その結果、歯根嚢胞自体は小さくなってしまうわけです。しかしこの治療法は、再発のリスクが残ってしまいますので、最近ではあまり行われていない治療法と言われています。