予防歯科の重要性

ホームへ戻る >  さいたまの歯医者の口コミ  > 予防歯科の重要性

多くの人が実践できずにいる重要な歯医者の選び方が「歯に問題がないときに探してみる」ことです。ほとんどの人が歯医者に行くのは歯に問題が生じてから。歯医者を選ぶときには、かなり痛みを感じるようになってからインターネットなどで最適な選び方を探す傾向があります。


しかし痛みに悩まされている場合、どうしても切羽詰ってしまっているため、駆け込んだ歯医者でそのまま治療を受けてしまうケースが多くなってしまいます。ですから、とくに問題を感じないとき、あるいは「これは虫歯かな?」と思える程度の頃に訪れて診察をしてもらうのです。

歯が白濁した状態、あるいはちょっとだけ滲みる状態など。この段階ではまだ患者の側も心の余裕がありますから、スタッフの対応や歯医者の診断内容、あるいは患者とのコミュニケーション能力といった基本的な選び方を詳しく吟味していくことができます。


また、問題がないときに探すことで能力を比較することもできます。重い虫歯の治療方法を診断するのは専門家なら誰でもできます。しかしまだ軽度の段階だと診断に大きな違いが生じることも多いのです。放置しておくとどのような状態になるのか、今のうちに治療をしておいた方がよいのか、進行を防ぐためにはどういったオーラルケアを行っていけばよいのか。具体的な方法を提示してくれるところもあれば、詳しい説明をほとんどしてくれずにおわってしまうところもあります。こうした部分も選び方の重要なポイントとなるはずです。