住宅建築の床組と呼ばれる床の施工

ホームへ戻る > 住宅建築の床組と呼ばれる床の施工

筋交いと間柱に金物の施工する住宅建築方法
注文住宅屋根の工事の流れ
住宅の外壁工事の透湿防水シートの施工
住宅の外壁工事の仕上げ工事の流れ
注文住宅の断熱工事の内断熱工法

平屋の注文住宅などの床組とも呼ばれる床の施工は、現場によって異なりますが、上棟後に行われることが多いです。床組には根太レス工法と呼ばれる根太を使用しない剛床と根太を使用する工法があります。剛床は水平方向への強さを持っていると言われています。平屋の注文住宅などの1階の床組の施工では、大引の施工がされていない場合は、この段階にて施工をします。


910ミリ間隔(ピッチ)にて90ミリから105ミリ角の大引の設置をしていきます。大引は下から構成束にて支えます。

平屋の注文住宅などの床組の施工は、続いて火打ち土台の施工です。火打ち土台は施工を斜めに行う斜材です。地震などによる水平方向への変形の防止を目的にしています。床組が根太レス工法の剛床である場合は、火打ち土台を設けないケースもあります。火打ち土台は木製が大半ですが、中には火打ち金物と呼ばれる鋼製のものもあります。そのため設置位置のバランスの配慮を必要とします。


そして平屋の注文住宅などの床組の施工では、合板をその上に設置します。根太レス工法の剛床の場合は、厚さ24ミリか28ミリもしくは30ミリの構造用合板を釘で土台に打ち付けていきます。この際の釘の間隔(ピッチ)は150ミリにて構造用合板の周囲に打っていきます。根太工法の場合は大引の上に根太の施工を行い、その上に厚さ9ミリから12ミリの合板の設置を行なっていきます。この際の根太の間隔(ピッチ)は303ミリが多いようです。