筋交いと間柱に金物の施工する住宅建築方法

ホームへ戻る >  住宅建築の床組と呼ばれる床の施工  > 筋交いと間柱に金物の施工する住宅建築方法

平屋の注文住宅などの施工で行われる筋交いとは、斜めに柱と柱の間に施工するものです。耐震性に対して有効な部材です。古めの住宅には筋交いのない住宅もあります。平屋の注文住宅などの施工で行われる筋交いは、対角線に柱と柱の間に取り付けます。ダブル筋交いとも呼ばれるたすきがけをする箇所とシングル筋交いと呼ばれる片掛けするか箇所がありますので、設計図書と照らし合わせながら工事を進行していきます。


平屋の注文住宅などの施工で行われる筋交いの端は、筋かいプレートと呼ばれる筋交い金物にて梁などの横架材や柱にきちんと留めていきます。昭和56年(1981年)以前の住宅の場合は、釘だけで金物を使用せずに留めているケースもありましたが、それ以降の新築住宅には筋かいプレートと呼ばれる筋交い金物を使用します。

続いて間柱の施工です。通し柱や管柱の間に施工されるのが間柱です。筋交いと交差する箇所があるため、前もってその箇所には欠き込みを入れておきます。筋交い金物の他にも、梁や柱などの横架材の接合に使用する金物や、梁と柱が東西方向と南北方向に直交する箇所を接合するための羽子板金物などの接合金物があります。あとの工程にて木材の乾燥収縮の理由から羽子板金物を増し締めします。そして住宅によっては新築住宅であっても筋交いの使用のないケースもあります。


これは工法の違いによるもので、ツーバイフォー工法などの壁式工法や、一部の軸式工法では筋交いを使わずに耐力壁と呼ばれる地震に対して有効な壁を設けることがあるからです。