住宅の外壁工事の透湿防水シートの施工

ホームへ戻る >  住宅建築の床組と呼ばれる床の施工  > 住宅の外壁工事の透湿防水シートの施工

平屋の注文住宅などの外壁工事の流れとして、まずは防水工事の透湿防水シートの施工から行います。構造用合板の上に透湿防水シートをタッカーで留めながら貼っていきます。平屋の注文住宅などの外壁工事で使用される透湿防水シートは外壁の仕上げ材の内側に侵入してくる雨水を防ぐ目的で貼られます。


透湿防水シートの重ね代の上下は100ミリ以上が基本となっていますが、シートそのものに重ね代を何ミリとするかが記載されている場合には、この通りの重ね代とします。


平屋の注文住宅などの外壁工事で使われる透湿防水シートは、ロール状のものが持ち込まれます。横方向に張っていくことから、建物をぐるりと巻いていくようなイメージとなるでしょう。そのため、横方向の重ねる部分が生じないことがほとんどなのですが、もしも重ねる部分があるようなら、重ね代を必要とします。

透湿防水シートは雨水の侵入の防止を目的としていることから、下から順に張っていきます。透湿防水シートの上側の方を上から重ねるようにして張ります。


平屋の注文住宅などの建物の角の部分では、透湿防水シートを巻くように張ります。シートの切れ目を角部に持ってこないように注意します。この部分での左右の重ね代は300ミリ以上とします。そしてサッシ周りは雨漏りが頻発する場所のため、より一層丁寧で慎重な加工を要求されます。サッシと透湿防水シートの間に隙間が出ないようにするために、防水テープを貼るようにすることが大切です。