住宅の外壁工事の仕上げ工事の流れ

ホームへ戻る >  住宅建築の床組と呼ばれる床の施工  > 住宅の外壁工事の仕上げ工事の流れ

平屋の注文住宅などの外壁工事の透湿防水シートの施工後は、胴縁の施工です。通気層の確保を通気胴縁にてできますので、空気が外壁内部を流れることができるので壁内結露の抑制効果があります。この工法を外壁通気工法と呼びます。平屋の注文住宅などで多く採用になっている工法です。


胴縁の厚みの分だけサイディングと透湿防水シートの間に通気層を設けられます。1本の胴縁が長いと空気の流れに影響してしまうことから、1本の長さを1800ミリ程とします。


そしてサッシ周りの胴縁は、空気の通り道を確保するためにサッシ枠との間隔を30ミリほどあけます。そして胴縁同士の間隔は455ミリとします。そしてサイディングが横張りの際には縦胴縁となります。空気が開口部の周囲に流れるように胴縁に30ミリ以上の通気スペースを設けるようにします。縦胴縁の間隔は柱と間柱に留めることから455ミリピッチです。

そしてサイディングが縦張りの際には横胴縁となります。空気の流れを遮らないように1820ミリ間隔に胴縁に30ミリ以上の通気スペースを設けるようにします。横胴縁の間隔は455ミリを基準としますが、


サイディングのメーカー仕様によって異なります。サイディング材を平屋の注文住宅などの胴縁の上に施工していきます。1枚のサイディングの横幅は一般的には3030ミリです。外壁面の一番下よりサイディングを施工していきます。1枚目を設置した時点にて釘もしくは金物でしっかりと胴縁に留めて、2枚目のサイディングを一部をその上に重ねるようにして設置して、釘もしくは金物で留めます。これを繰り返して上まで設置した後にコーキング処理をして完了です。