注文住宅の断熱工事の内断熱工法

ホームへ戻る >  住宅建築の床組と呼ばれる床の施工  > 注文住宅の断熱工事の内断熱工法

平屋の注文住宅などの外壁面の断熱工事に使われる断熱材でよく使用されているのはグラスウールです。グラスウールは、ガラス繊維でできている断熱材です。断熱効果はもちろん、少ないながら吸音効果もあるようです。グラスウールは、現場に搬入された時点においては、大抵の場合ロール状になっています。グラスウールは壁の高さに合わせてカットしていきます。しっかりと外壁面の柱と柱の間に充填をしていきます。隙間なくきっちりと施工することが要求されるため、床面まできっちりと施工するようにします。


平屋の注文住宅などの断熱工事に使用されるグラスウールは防湿シートに包まれています。そのシートの耳の部分を柱にタッカーで留めていきます。

耳の部分のマークにタッカーを打つようにします。グラスウールの左右に並ぶ耳を重ねるように留めていくことで、断熱材同士の隙間をなくします。グラスウール以外には発泡ウレタンの採用がある現場も多いようです。現場で吹き付けて施工します。断熱材の隙間が生じないのがメリットです。


平屋の注文住宅などの天井面の断熱工事は、天井の上に断熱材を敷き詰めていく天井断熱と、屋根の下側に断熱材の充填を行う屋根断熱があります。天井断熱の方が多く採用されているようです。そして床面にも断熱材の施工をします。グラスウールは床の下側にも使われていますが、発泡プラスチック系の断熱材も使用されるようになっています。