矯正歯科3つの資格

ホームへ戻る >  矯正歯科と歯医者  > 矯正歯科3つの資格

矯正歯科になるために専門教育を受けて得られる資格には大きく分けると3つの資格があります。認定医、専門医、指導医ですが、それぞれに違いがあります。また、3つの資格資格の授与には日本矯正歯科学会、日本歯科矯正専門医認定機構、日本製人矯正歯科学会の3団体が関わっています。まず認定医は、正規の機関で研修を受け修了書が授与されていることが必要な条件です。その他書類審査などがおこなわれ認定医となります。


専門医は、治療を行なった症例についての論文を発表し、それぞれの学会で審査を受けることが必要となります。また、症例も1件や2件ではなく、豊富な経験を積んでいることが求められ、知識だけでなく患者の症状に応じた的確な治療が行われたかどうかが審査されます。

また指導医は、文字通り矯正歯科医を目指す人の指導ができる資格です。歯科医師を指導する立場ある人ですから、多くの経験と実績を持っていなければなりません。資格取得には技量の審査などはありません。大学で教壇に立った経験、研究、論文などが重要視される資格です。


大学教授の中にはこの資格基準を満たした人が数多くいると類推されますが、改めて資格の取得をしていない人が多くいます。他の2つの資格とは異なり、指導医の場合には、特に高い技術力は求められません。また、現場で多くの患者の治療に当たっている医師には指導医を取得する資格はありません。大きく3つの資格がありますが、治療の目安として活用すると安心できます。