少しでも安い賃貸を探したい場合には?

ホームへ戻る >  歯周病の回復  > 少しでも安い賃貸を探したい場合には?

潤沢な予算さえあれば、広くて立地がよくて、日当たりもいい賃貸を選びたいものですよね。ですが、そんな風に思ったとおりの物件が見つかることはほぼありません。「掘り出し物」の賃貸を探すには、手間も労力も必要です。ですが、ここでは「少しでも安い賃貸物件を探す方法」について考えてみたいと思います。


まず探す時期ですが、物件が動かない時期、つまり新学期などのタイミングを外して探すのが一番、お得感を感じられる物件を探しやすい方法です。空室のままあけておくよりは、少し安くなっても貸してしまいたい、というのが大家さんの本音ですので、場合によっては家賃のディスカウントがきく場合もあります。

安い物件を探すとともに、家賃交渉をしてみると良いでしょう。次に、自分の重視するポイントを絞り込むこと。たとえば夜しか帰らないような生活なら、思い切って「日当たり」を条件から外すと、お手頃な物件が見つかる可能性があります。そのほか、自転車を使うと割り切って、駅から遠い物件を探すのもひとつの方法でしょう。


また、おすすめはできませんが、事故物件、いわゆる「いわくつき物件」に住むというのも、予算が限られている場合にはひとつの方法です。いわくつき物件は、その部屋で事故や自殺があり、住む人が心理的な負担を感じてしまう物件のこと。当然ながら、その設備と比較して家賃は安くなります。こうした心理的負担を気にしないという方なら、いわくつき物件を探してみるのもひとつの方法かもしれませんね。