注文住宅の間取りと収納スペース

ホームへ戻る >  注文住宅の価格の違い  > 注文住宅の間取りと収納スペース

アパートや建売住宅に住んでいると「もっと収納スペースがあったら良いのに」と感じることも多いですよね。注文住宅を建てる際には、こうした経験から、収納スペースをたっぷりと確保したいと希望する人も少なくありません。間取りに合わせて賢く収納スペースを確保するには、いくつかのポイントがあります。


・大型収納の数と場所

大型収納は、間取りを調節しながら、各階に一つずつ作るととても便利です。2階に1つだけしかなかったりすると、重いものを2階まで持ち運ぶ手間や労力が必要になって大変です。


・ウォークインクローゼットの長さ

衣類をすべて収納できる広いウォークインクローゼットは、注文住宅の間取りでも高い確率で登場するアイテムです。中にタンスなどを入れたい場合には特に、クローゼットの大きさはcmで幅と奥行きなどを図っておくようにしましょう。ライフスタイルや持っている服の種類によって、クローゼット内のバーの高さや長さを工夫することも大切です。

・玄関収納

意外とものが多くて収納スペースに困ってしまうのは、玄関部分の収納です。注文住宅で人気なのは、天井までたっぷり収納できるトール収納。間取り的に比較的実現しやすいですし、ミラータイプの鏡にすれば、鏡のスペースも省略できるので、まさに一石二鳥です。


・キッチン収納

注文住宅の収納で意外とうっかりしがちなのが、キッチンの収納。キッチンに収納するものは、鍋などの調理器具だけではありません。常温保存できる食材などを収納しておくパントリーもたっぷりと確保しておくと、キッチンがゴチャゴチャならずに便利です。